夕涼み会

一学期の終わりの土曜日。

夕方から夜にかけて、年長児の夕涼み会を行いました。

まず、クラスごとに力を合わせて作った「舟」の進水式。

わーっ、浮かんだ!進んでる!と波をおこしながら、また小人さんを乗せたり、嬉しそうでした。

クラスごとに行ったスイカ割り。

先生の手拍子の音をたよりに、歩きます。

手ごたえを確かめて棒をえいっと振り下ろします。

あたらなければ、何回でも叩くのが面白いところ。

次第にスイカの赤い中身が見えてくると歓声があがりました。

その後、藍染めしたシャツの輪ゴムはずし。

オリジナルの美しい模様があらわれ、静かな感動。皆が着て遊ぶと、海のさざなみのように美しく見えてきます。

お母さんの手作り弁当で夕食を済ませた後は、お待ちかねの花火です。

家庭ではできない、地面に並んだ吹き出し花火の連続点火。

舞い上がる色とりどりの火花に、子どもたちは、叫び、歓声を上げ続けました。大人たちは、子どもたちの後ろに並び、パタパタうちわで煙をおいやります。ちょっと面白い図です。

わー、きれい、すごい、と嬉しそうな子どもたち。

会の終わりは、クラスで夕暮れの暗い中、ろうそくを水盤に浮かべたお部屋で静かにお話を聞きました。

園庭にはお迎えの家族の方。卒園生もいます。

暗闇の中、和やかに家路につきました。

いつもと違う時間の幼稚園。

暮れゆく空に、白いおつきさまが綺麗だったこの日。

きっと皆の胸に残るでしょう。

一学期の間、さまざまな事でご協力、ご理解下さった保護者の皆さま、ありがとうございました。

夕涼み会のプールの片づけを、厳しい暑さの中でしてくださった役員の皆さん、ありがとうございました。

ご家族皆さま、良い夏休みをお過ごしくださいませ。