園の紹介

園の一日

年間を通じてほぼ同じ流れの中で一日を過ごします。
子どもにとって、決まった生活リズムの中で過ごせることはとても大切です。

子どもから湧き出る遊びの芽を育て、豊かな想像力をもって遊べるように、また、仲間との相互関係が育つように配慮します。

8時過ぎ 朝の準備

担任二人、補助一人の先生が各クラスで、その日の活動、保育の流れを確認し、今日一日実りある日であるよう願って心を一つにします。それから皆で庭に出て、お掃除をしながらその日の気候を感じ、そして子ども達を迎えます。

8:45 登園前のお掃除

園児が登園する前に先生総出で園庭のお掃除をして、迎え入れる準備をします。

9:00~9:20 登園

お母さん、またはお父さんと手をつないで各クラス靴箱前まで歩いてくると、先生が待っていて、「おはよう」と、子どもと握手をかわして園舎に迎えます。園バスはないので、徒歩、自転車、自家用車(少数)で通園します。保護者は毎日担任と顔を合わせることができます。

9:00〜10:30 室内自由遊びと片付け

登園後はクラス室内の自由遊び。部屋での遊びとすることにより、男女、異年齢の子ども同士の密接な関係がうまれ、想像力を働かせて、遊具を使いなが ら豊な遊びが展開します。御料理ごっこ、お店屋さん、お家ごっこ、乗り物遊び、動物になったり、お城に住むお姫様になったり・・多様な世界が繰り広げられます。
子ども達が遊んでいると、小さな鐘の音が鳴り、子ども達は先生の近くに集まります。先生が、今日の遊びどんなあそびがあったか、お話しをしてから皆で片付けに取り組みます。重い大きなものは年長児が運びます。多くの種類のおもちゃがまず卓上に類別されてから、所定の場所に片づけられ、子ども達は片付けも遊びの一つのように張り切って活動します。その後、学年別に皆でトイレに行く時間を持ちます。年少さんは、このリズムがついてオムツが外れる子どももいます。

10:30〜11:10 朝の集まり、その日の主な活動

クラスの朝の集まりでは、その季節に合った毎月ごとの歌を歌い、体を動かしながらライゲンと呼ばれる歌遊びをします。その後、その日の一斉活動(絵画、音楽、運動、手仕事、制作等)を行ないます。課題活動では、学年別の活動を重視し、部屋を移動して活動することがあります。

11:10〜11:40 外遊び

一斉活動のあとは広い園庭での外遊び。必ず帽子(クラスカラー)を被り、体を思い切り動かしたり、草むらに虫を探したり。砂場で大きな山川を作ったりと活発に遊びます。

11:40〜12:40 準備とお弁当

クラスでは、グループが決まっていて、その仲間とテーブルを囲んでお弁当を食べます。1つのグループに3学年が混ざるよう配慮され、年長中さんは年少さんのお弁当の準備や片付けの手助けをするのが、見ていてほほえましく感じます。

12:40〜1:30 外遊び

お弁当のあとは2回目の外遊びの時間です。このように集中する時間と開放される時間が交互にあり、よいリズムを作っています。

1:30〜2:00 帰りの会

帰りの身支度をして座り、その日どんなあそびをしたかという話合い、また翌日のお当番はだれかをお当番表をもって子ども達が皆の前でお話しします。そのあとは、先生による素話、または小さなテーブルで演じる人形劇を静かに見ます。落ち着いた気持ちでさようならをし、「明日も素敵な日であるように」と歌って一日を終えます。先生が子ども一人ずつ、園庭に待つ保護者を確認しながら送ります。「さよならあんころもち またきな粉」と先生が一人ひとりの手をとって歌い一日が終わります。預かり保育の子どもは部屋の移動をします。

ページトップへ戻る