著書の紹介


この3冊は当園の設立から現在に至る歴史、教育内容、保護者のメッセージ、幼児の声が載っています。
 
「小さくて大きな世界1」 昭和57年発行
・東寺尾幼のルーツは
 新潟の亀井塾(寺子屋)
・戦前の幼児教育
・戦後30年の姿
・実践、研究編
・園長随想
 
「小さくて大きな世界2」 昭和62年発行

園と家庭との連携
・生活の中での子どものことば
・親の記録

保育の日々
・子どもと星・空
・あそびつつ学ぶ
・自然の中であそぶ
・音楽劇をつくる

講演記録

・津守 真
・高橋 巌
・秋山 さと子

 
「小さくて大きな世界3」 平成6年発行
子どもは「今」を生きる存在。そのこどもの「つぶやき」から
”ねぇ おかあさん
 ぼくのこと ちゃんとみて
ほら、おかあさんの
 めのなかに
ぼくがいるよ”
”おかあさん 
 むかしって とおいんでしょう?”
(おかあさんちょっととまどって
”そうね”)
”じゃあ、みちと おんなじだね”