本園のめざすもの
成長する力を種のように宿している、
ひとりひとりの生命力が大地に根をはり、 芽ぶき、
開花結実することを願い、愛と共感・信頼をもって育ちを支援します。


幼児は見る、聞く、嗅ぐ、さわる、味わう等の感覚器官が外に向かい開かれている存在です。この幼児期に感覚をひらき生命力を活発にし、成長を促します。周囲のすべてを吸収し、自分にとりこみ、模倣しつつ大きくなる幼児たち。このことから本園では、よい環境作りをめざします。
人間環境である保育者は、深い愛情で子どもと向き合いつつ、模倣されてよい人として、日々努力を重ねます。また個々の幼児の育ちを大切にします。

感性の教育
自然と触れる生活。建物空間・教材・玩具の
殆どが自然の素材から、
又音響・色彩も自然に近いものを選びます。

想像性・創造性
遊びを通して子どもの内なる世界を広げ深め
想像力、創造力を育てます。

相互性
他と交わる中で自分を主張し、
相手も受け入れる人間関係をつくります。

生活にリズムを
生命が規則正しい法則性で支えられているように、
園の生活も季節や日々の反復、
くりかえしにより健康な心と体が育ちます。




Copyright 2010 higashi-terao kindergarten.All rights reserved.