行事 おたのしみ会

二学期、各クラスのそれぞれの活動をもとにして
お話をつくります。
うたも作り、役を決めて
劇あそびへと展開していきます。
「自分たちで作る」ことのよろこびは、
子どもにとって大きいものです。


劇の一場面。
先生と子どもが持った
見えない”縄”でなわとび。
いつ、中にはいるか
タイミングを見計らって
います。




光の塔に住んでいる
星の妖精たち。
星のステッキで
魔法をかけます。



困った人を助けるレスキュー隊。
活躍中です。


劇の後は、保護者の方も一緒に
劇の中の一コマを用いて
遊びます。
見るだけでなく、
参加できると楽しいものですね


お父さんお母さん
赤ちゃんもいっしょに
さあ、手をつないで!