梅干しづくり
(6〜7月)




梅の木から青い梅の実をもいで、
一晩水につけておきます。



次の日、
水から出してからよく拭いて、
つぼの中で塩づけ。
これは年長組の役割。




2週間程経って、
梅酢が上がり、いい匂い。
赤ジソを入れて色付け。




一学期の終わりの晴天の日、
三日ほど全員でうめをざるに並べて
天日干し。
しそ葉をちょっと舐めてみるのもこの時・・・
一泊保育の夕食では、おいしい梅干しが
食べられます。