ひとりひとりの個性を育てる 小さくて大きな世界

小さくて大きな世界 〜幼稚園のブログ〜

  • 日々のようす

    ご進級、ご入園おめでとうございます。

    新年度が始まりました。
    満開の桜に見守られるように、登園した子どもたち。

    進級の子どもたちは一つ上の学年になり、春休みの間にまた少し大きくなった顔を見せてくれました。
    元気に身体を動かして遊ぶ姿が見られます。

    4月8日の入園日では、新入の子どもたちが、初めての幼稚園生活に小さな足を踏み入れました。
    この幼稚園では、いわゆる「入園式」は行いません。
    子どもにとって、式典は必要ありませんので、第一日目から通常保育が始まります。
    保護者の方へは、別室で園長、理事長より教育方針の話をするという形をとっています。

    お庭で蝶が飛んでいるのを見付けて、
    「チョウチョが、幼稚園にも来てくれた」
    と、嬉しそうにつぶやく声。

    幼稚園での暮らしの中で、これからどんな素晴らしいことが訪れるのでしょう。
    早くも新しい友だちを見付けて、人間関係を築いています。
    子どもたちの健やかな成長を願い、一人ひとりのペースを大切に毎日を紡いでまいります。