ひとりひとりの個性を育てる 小さくて大きな世界

小さくて大きな世界 〜幼稚園のブログ〜

  • 日々のようす, 行事

    6月7月の様子

    6月

    年長の空さんは、毎年恒例の 藍染を行いました。

    今年は2クラスずつ2日間に分けて行いました。

    藍液に浸して、ゆらゆら風にあてると・・・色がかわります。

    自分たちで、輪ゴムで絞りの模様をつけた,

    世界で一つだけのオリジナルTシャツが完成します。

     

    7月

    外遊びの様子

    分散登園ながらも晴天の日は午前中全員で外遊び。

    それぞれがおもいおもいの遊びに夢中になって楽しみます。

     

    梅干し作り

    年長の空さんが園庭の梅の木から梅を収穫。紫蘇をもみこみ一緒に漬けます。

    その梅干しを、7月の晴れた日に年中、年少の子もまざって天日干しをしました。

    園庭の紫蘇の葉をちぎってもんでいた2人。

    『手の色が違うよ。なんでだろう。』不思議そうにおたがいの手をのぞきこんでいました。

     

    年長の空さん おふね作り

    毎年 年長の空さんが、みんなで協力して金づちを使い、それぞれのクラスの大きな舟を作り

    プールに浮かべます。

    今年は、密集を避けるために一人一艘のお舟を作りましたが、この活動がそれぞれの力を発揮する絶好の場面となりました。

    器用に道具と指を使い、それぞれの工夫が見られます。

     

     

    夏のお楽しみ会

    毎年7月に年長の空さんの一泊保育、夏のお楽しみ会があります。

    今年は、お泊りはできませんでしたが、夕涼み会として楽しみました。

    完成したお舟。今日いよいよ進水式です。

    うかんだよ!すすんだよ!

    水中に沈めてみたら浮かんできたよ!みんなで波をおこして舟をすすめたよ!

     

     

    すいか割り。目隠しをして先生の手拍子を聞いて慎重にすすみます。

    わー、だんだん割れてきたよ!みんなで応援します。

    だんだんお空が暗くなってきた頃、お楽しみの花火を見て歓声をあげて喜びました。

    『これが前の空さんが言っていた花火かぁ!』

    空に綺麗なお月様が出たころに、

    子どもたちは静かにクラスに戻り、水に浮かべたろうそくの光の中で、すばなしを聞きました。

    そして保護者の方の夜のお迎えがあり、親子で楽しそうに帰る後ろ姿がありました。

     

    コロナ禍の中、安全を第一に考えて、試行錯誤しながらの一学期の保育でした。

    この状況下にあって、私たち大人は『できないこと』に気をとられがちですが、

    『今できることを素直に心から喜ぶ子供たちの姿』をお手本にして、二学期をまた新しい気持ちで迎えたいと思います。

    厳しい残暑の中、どうぞ皆様ご自愛ください。