入園案内

預かり保育について

当幼稚園では、《園型預かり保育(一時預かり)》と《横浜市型預かり保育・平日型》の2種類の預かり保育を行っています。いずれの預かり保育も、子ども達の生活のリズムを守り、健やかな成長を支えることを目的としています。

横浜市型預かり保育
対象者 当園の在園児
横浜市より2号認定を受けている方
又は、月48時間以上の就労をしている方
開室時間 7時30分~18時30分
開室日 平日:月曜日~金曜日
夏休み中に5日間、年末年始(2/29~1/3)はお休みです。
保育料 保護者負担はありません。個人持ち用品(預かり帽子)は負担して頂きます。
満3歳児の方
  • 3号認定の方は保育料はかかりません。
  • 1号認定の方はご家庭により横浜市が定めた上限で保育料がかかります。(詳しくはお問い合わせ下さい。)
園型預かり保育
対象者 登園の在園児
兄弟の学校行事・家族の病気や健診等‥。保護者のご都合でお受けします。
開室時間 【通常通常保育後】
(月・火・木・金)14:00〜16:00
(水)13:00〜16:00
※利用時間は、ご相談に応じます。
保育料 1時間 350円

預かり保育の流れ

市型預かり保育と園型預かり保育は一緒に保育します

7:30 早朝預かり保育開室
保護者と一緒に虹の部屋に登園します。朝の時間はゆったりと過ごせる空間を心がけています。

9:00 各クラスへ(正規教育時間開始)
クラスごとに並んで、各クラスへ移動します。担任の先生がお部屋で待っています。

14:00 午後の預かり保育が始まります
各クラスの先生と虹の部屋へ。人数が多い時には、二クラスに分かれて保育を行う事もあります。クラスの壁を越えて、子ども達が集まります。

・おやつ
子ども達が楽しみにしているおやつ。噛み応えのある、体に配慮したおやつを用意しています。

・お昼寝
年少児はお昼寝をします。(個々の体力に合わせ保護者の方とご相談をしています。)

・室内や園庭で遊びます
子ども達はお友達や保育者と、自由にのびのび遊びます。

16:15 夕方のお茶の時間
温かいお茶を飲んでほっと一息。夕方は、主に室内で遊びます。お迎えが18:00過ぎになる場合は子どもの気持ちに配慮し少し小さなお部屋に移動し過ごします。

18:30 預かり保育閉室です。

よくあるご質問

預かり保育についてのご質問を集めてみました。
ご質問・ご相談がありましたら、お気軽に幼稚園へお問い合わせ下さい。

Q1:預かり保育の一日の利用人数はどのくらいですか?

令和4年度4月は、約30名が市型預借り保育に登録しています。市型・園型合わせて、1日に15~20名の方が利用しています。


Q2:新たに仕事を始めたい時はどうすればよいですか?

市型預かり保育担当職員まで、お仕事を始めたい旨をお知らせください。保護者の方がご自身で区役所へ2号認定の申請を行う必要があります。お仕事が決まりましたら、「就労証明書」の提出や、その他申請について、預かり保育の利用についても 詳しくご説明する時間を設けます。


Q3:おやつ代はかかりますか? どんなものがでますか?

おやつ代は頂いていません。素朴で、安心な、噛み応えのあるおやつを選び提供しています。アレルギーの心配があるお子さんは個別に対応します。ご相談下さい。


Q4:預かりの先生の人数は?

預かりの保育にあたる職員は10名います。早朝・日中・夕方と交替で預かりの保育にあたります。その日の利用人数に応じて、保育にあたる職員も調整しています。子育て経験・保育経験豊富な職員が担当しています。